個人事業主として世間に認められる為に!

個人事業主として世間に認められる為に!

個人事業主として認められるために

 

個人事業主として認められるために!
必ずやっておくべき手続きを解説!

 

此処では、個人事業主として世間に周知・認知してもらい、公的機関においても「この人は個人事業主だ。」と認めてもらえるように、必須の手続きを解説しています。

 

特に時間やお金がかかるものではありません。

 

金融機関や役所や取引先に、あなたが個人事業主であるということを公的に証明できる手続きです。

 

平成26年の法改定以降、白色申告の個人事業主にも帳簿付けが義務付けられたり等、個人事業主を取り巻く環境は変わってきています。

 

きちんと手続きを行い、「個人事業主です!」と、胸を張るためには以下の手続きは必須となります。

 

開業前に必ず手続きは済ませておきましょう。


@ 開業届けの提出

 

開業届の提出が何故必要なのか?

 

 

開業届けは、あなたが個人事業主であることを世間に証明することのできる「第一義」となる大切な証明となるものです。

 

まず、開業届けを提出していないと屋号名の銀行口座は絶対に作れません。また、税制上大きく優遇される青色申告もできません。

 

ただでさえ信用の薄い個人事業主にとって、屋号名の口座が持てないほど取引に不利益にはたらくことはありません。

 

昨今フリーランサーが増えてきている状況において、税務署は税逃れの調査に躍起です。

 

この調査は、あなたとの取引関係にあたる会社や組織から始まります。

 

ここで、業務上のお金のやり取りに、屋号名の口座を介さない個人名でのやり取りがあると、目を付けられるのは、あなたではなく”取引先の会社です!”

 

マイナンバー制の導入等で厳しく監視されている納税状況と、個人事業主であることの証明になる開業届けは、取引先に迷惑をかけないという観点からも絶対に提出しておきましょう。

 

開業届けは、わざわざ税務署に出向かなくても開業freeeという無料のソフトで誰でも簡単に何時でも提出できます。

屋号名の口座を持つ

 

屋号名の口座は開業届けを提出した証!

 

 

開業届けを提出したら次に必須となるのが屋号名の口座です。

 

まず屋号名の口座も、あなたが個人事業主であることの証明書替わりになるといってもいいほど大切な物となってきます。

 

上記したとおり、開業届けを所管の税務署に提出していないと作れないからです。

 

つまり、屋号名の口座を持っているということは、あなたがきちんと納税している証でもあると同時に、個人事業主としての証明ともなります。

 

もこちら上記したとおり、取引関係にあたる会社はあなたとのお金のやりとり(振込み)を、基本的には個人名では行いません。

 

少なくとも、個人名でのやとりを希望する会社はありません。

 

取引先の会社の事務処理上、どの事業所に支払いをしたかを帳簿付けするのに、個人名で振込み等を行うと帳簿付けの作業が非常にやっかいとなってきます。

 

同時に申告作業も複雑にさせてしまいます。

 

屋号名の口座が無いと不利になる点!

 

 

ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

 

何故屋号名の口座が必須なのかは、大切な資金繰りに関することに繋がってきます。

 

個人事業主でも国の融資制度や自治体の融資制度を利用できます。

 

そしてこれらの融資制度は、超低金利で融資されます。

 

しかしこれらの制度を使い融資を申し込むにも、個人事業主の開業届けと屋号名の口座がないと言うまでも無く、門前払いとなります。

 

超優遇されているこれらの自治体や国の事業者に対する融資制度の資源となっているのは税金です。

 

開業届けの提出無し・屋号名の口座無し=未納税者!

 

と疑われるのは言うまでもありません。

 

また、将来事業を拡大していくに従い、大手銀行とも取引ができるようになっていきます。

 

このときにも、事業実績の期間を証明するのに大切なのが屋号名の口座となってきます。

 

屋号名の口座が簡単に作れるところは、ジャパンネット銀行になります。

申告方法を決めよう!

個人事業主として認められるために

 

青色か白色か明確に!

 

 

初めてでもかんたん安心。 確定申告と経理は会計freee。

 

平成26年の法改定以降、個人事業主にも帳簿付けが義務付けられています。

 

このことから個人の事業者の方でも、青色申告を選ぶ方がほとんどです。

 

何故なら、帳簿付けの作業労力自体は全く変わらないのに、受けられる恩恵が大きく違うからです。

 

もちろん青色申告の方が税制上大きく優遇されています。

 

ですが・・

 

大切なのは、きちんと納税することです!

 

個人事業主は事業において利益が出た場合、1年に1度、「必ず!」確定申告を行う必要があります。

 

一番、節税のメリットを享受できるのは、青色申告65万円控除です。

 

この方法を選択するためには、開業届と同時に青色申告承認申請書を提出する必要があります。

 

いずれにしても納税は憲法第30条の規定されている「義務」であり、個人事業主といえど逃れることは許されません。


帳簿付けをどうするか?

 

個人・法人を問わず厄介かつ難解なのが、事業経費の帳簿付けになります。

 

特に一人や少人数で営んでいる個人事業主にとっては、かなりストレスの溜まる作業になります。

 

そこで昨今多く使われているのが、堀江貴文さん等多くの起業家が使っている優秀な会計ソフトが挙げられます。

 

中でも会計ソフトfreee個人経理がはじめての人に選ばれている会計ソフトです。

 

誰でも「簡単かつ短時間」で日々の帳簿付けを終えることができます。

おさらい

 

@ 開業届けの提出。

 

A 屋号名の口座の開設 ジャパンネット銀行 ビジネスアカウント

 

B フリーソフトを活用しての簡単かつ漏れのない申告。

 

上記の三つは今の時代の個人事業主には必須と言えます。

 

いずれも、あなたを個人事業主だと世間に認知してもらう為に必要な手続きにまります。

 

世間に認めてもらう為に必要なのが、開業届けであり、口座であり、なによりきちんと申告しているという事に尽きます!

 

日本の企業における支援制度は世界でも有数の優れた制度です。

 

しかし、この優れた制度も上記の手続きなくしては、その恩恵を受ける事は絶対にできません。

 

審査が不安な方はコチラ!

↓匿名で審査!




事業資金調達ガイド!

資金調達ガイド

おすすめ!人気のカードローン事業主もOK!


アイフルビジネスファイナンス

特徴

超おすすめ!事業者向けビジネスローン人気ナンバーワン!融資までのスピードにも定評があり、入会金・年会費無料、使途も自由な寛容なスタンスの事業者用ローンです。個人事業主の方にも自信を持っておすすめします!.

キャレント

特徴

キャッシング 人気上昇!WEB完結で1〜500万円まで原則即日振込み対応!わずか3項目の入力で借り入れ診断可能です。全国対応のローン、キャレント!

SMBCモビット

特徴

モビット 人気ナンバーワンカードローン!WEB完結なら電話連絡、郵送物は一切無し!利用枠800万まで。審査結果が早く知りたい方に特におすすめ!
SMBCモビット

ご融資どっとこむ株式会社

特徴

ご融資どっとこむ株式会社 フリーキャッシング〜ビジネスローンまで!「他店で断れた方もまずは相談してください!」を理念に掲げる寛容なスタンスで人気です!
まずはご相談下さい「ご融資どっとこむ」

フリーナンス・請求書買取

特徴

個人事業主専用!当日対応!個人事業主の方の請求書を最高300万円まで買い取ります!フリーナンス

おすすめピックアップ!





おすすめ!


個人事業主・フリーランス専用ローン!

現状一切不問!個人事業主対応ファクタリング

フリーランス専用ビジネスローン

個人事業主専用!迅速対応で大好評のビジネスローン!

個人事業主対応のファクタリング

税金未納・赤字決済・銀行融資否決・・等現状不問で資金調達!

審査機関の異なる事業主用ローン

クッレジット審査無し!軽油・ガソリンカード

審査に通る!?審査機関の異なるビジネスローン!

クレジット審査無しですぐに発行!開業間なしの個人事業主も大歓迎!

無利息で借りる!

事業主専用クレジットカード!

利息0円で借りれる!無利息期間の付いたカードローン!

個人・法人どちらにもおすすめのクレジットカード。開業間もない方も申し込み可能!

資金の審査に落ちた方はコチラ!


資金調達ガイド

【注目!】個人事業主様大歓迎!


アイフルビジネスファイナンス!